投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

FX

為替が変動する原因を徹底追求!円安、円高に動く原因とは⁉

更新日:

Sponsored Link

【FXの初心者が学ぶ基礎知識 保存版】

投資初心者ペンペン
為替レートが変化したことを「円安」もしくは「円高」っていうんだよ!
専業投資家ケロ
これは俺も聞いたことあるぜ!日本円から見た為替変動の言い方だな!

「円高」と「円安」とは?

ドル/円の(USD/JPY)の為替レートが変化すること「円安」もしくは「円高」と言います。

為替がある程度大きな値幅で変動した時にニュースなどで報道されているため、皆さん聞きなれた単語だと思います。

通貨ペアがドル円の場合で説明すると、
「1ドル=100円」が「1ドル=110円」に変化→「円安」

「1ドル=100円」が「1ドル=90円」に変化→「円高」

 

「1ドル100円だったものが、10円高くなって110円になったのに円高ではなくて、なぜ円安なんだ?数字が高くなったから円高じゃないのか。」と思われた方は下↓をご覧ください。

(注)「1ドル100円」から「1ドル=110円」に変化して、1ドルに対して円が10円分増えたから「円高」と考えるのは間違いです。

「円が増える=円が高くなる」ではないことに注意しましょう。
為替レートが「1ドル=100円」から「1ドル=110円」に変動したことで、1ドルを円で購入するのに多くの円を出さないといけなくなっています。

今までは100円で1ドルが購入できていたのに、為替レートが変動したことで1ドルを購入するのに110円出さなくてはならなくなりました。これは円の価値がドルに対して安くなったと言えます。

 

【例】「昨日まで100円で購入できていたジュース」があるとします。

次の日には80円で飲めるようになった場合は、同じジュースを飲むのにも昨日よりも円を出す量が少なくて済むので円の価値が上がっているため「円高」です。

逆に次の日には120円出さないと飲めなくなった場合は、同じジュースを飲むのにも昨日より円がたくさん必要になって円の価値が低くなっているため「円安」です。

 

反対に「1ドル=100円」から「1ドル=90円」に為替レートが動いた場合は、円高なので「円高ドル安」と言います。

 

1ドル〇円という数字が大きくなったから「円高」というのは間違いで、1ドルに対して円の価値が安くなったから「円安」であることを覚えておきましょう。

 

「円高」と「ドル安」は同じ⁉

円安円高についてもう少し細かく説明すると、これらの円安や円高といった言い方は「円に焦点を絞った言い方」になっています。日本人の目線から見た言い方です。

上記と同じ例を1度使うと「1ドル=100円」から「1ドル=110円」に為替レートが変化するのは、「円安」です。

「円安」になったと同時に「ドル高」にもなっているので、正確には「円安ドル高」というのが丁寧な言い方です。

「ドル高」とは名前の通りドルの価値が高くなり、円の価値が安くなったことを表しています。

「円安」は日本人の視点から見た言い方で、「ドル高」は米ドルを使用するアメリカ人などから見た言い方でどちらも同じ意味合いを表しています。

為替レートが変化する理由とは⁉

では「円安」や「円高」のように円の価値が変わる原因はどのようなものがあるでしょうか?

FXで利益を出すためには今後の為替の先行きを予測する能力を磨き、為替が大きく変動する前にポジションを作っておく先読みの能力が重要になってきます。

ここからは為替の変動に影響を与える主な要因を順にみていきましょう。

 

為替の変動は、基本的には通貨ペアである2か国の「国の景気の良し悪し」で為替レートが決まります。

例えばドル/円(USD/JPY)」でしたら、「アメリカの米ドル」と「日本の円」の通貨ペアです。

つまりアメリカと日本のそれぞれの景気動向に左右されて為替レートが変動します。

 

例えば

日本が積極的な景気拡大政策を実行する→日本の景気が良くなる傾向→日本への観光客が多くなる見込み→日本に行くために日本円に両替して、円を買う→円高になる。

基本的な考え方としてはこのような感じです。

 

ですが実際の所、世界景気の中心にいる国は大国アメリカであり、その影響力がどの国よりも突出しているため、為替レートが変動する要因のほとんどは経済に影響するようなアメリカ発のニュースです。

 

その為替レートが変化する原因の代表的なものには、①景気動向、②金利、③国際情勢、④市場介入、⑤投機筋の動き、⑥要人発言などが上げられます。

専業投資家ケロ
これらを簡単に説明していくね!

 

①景気動向

各国の今後の経済の先行きが自国の通貨に反映されます。

通貨の価値とは、その国に対する信頼度でもあるため国の経済の状況は通貨にとって非常に重要です。

日々の為替取引を行う中で売買の判断の材料に「経済指標」があります。有名なものだと「GDP(国内総生産)」や「貿易収支」などです。

「アメリカの雇用統計」、「ISM景況感指数」といった経済指標もトレーダーの中ではかなり有名で、発表直後に為替が大きく動いたりすることも度々あります。

これらは各国の今後の景気の良し悪しを数値化して表している重要な情報です。

 

これはYahoo!ファイナンスのアプリの画面です。
経済指標には、毎月発表されるものもあれば数か月に1回のペースで発表されているものもあります。

これらは事前に予測値というものが計算されており、その予測値に対して実際の結果が良かったか悪かったかで為替レートが変動します。

 

特に先にも述べたようにアメリカは世界経済の中心なので、アメリカの経済指標の発表は為替相場へは大きな影響を与えます。

経済指標などから国の景気が良いことを確認できれば、その国の株価の上昇期待や後述する金利の上昇にも期待が出来るので資金が流入します。するとその国の通貨が買われることになり、その国の通貨の価値が高くなります。

ドル円の為替レートで、アメリカの景気が好調であればドルが買われて「ドル高円安」の方向に動きます。

 

②各国の金利

金利の変化が為替レートに大きな影響を及ぼします。

お金を預けるにしても金利の高い国に預ける方が利子が多くつくので、世界の投資家は自国通貨よりも金利の高い通貨に換えてお金を運用します。

そのため金利が上昇した場合は、その国の通貨が買われることによって、為替レートが変化します。

アメリカと日本の金利で考えてみましょう。
アメリカの10年債は2018年後半では3%前後の水準で推移しています。反対に日本はマイナス金利政策を実施しているため、日本の10年債金利はほぼ0%水準で推移しています。

このように考えるとアメリカの債券を購入しない手はありませんよね。
金利も昔から同じ水準で推移していれば為替には大きな影響を及ぼしません。

国の実施する政策などの影響で、10年債金利に大きな変化を及ぼすような時は為替にも影響があります。中でも金融政策の影響力が大きいです。

直近のアメリカではFRBが金利を引き上げる方針で動いています。アメリカの金利引き上げが発表されれば、10年債も上昇します。

すると投資家は米ドルを買って、アメリカの10年債を購入しようとするのでアメリカドルの価値が高くなり円安ドル高になります。

 

③国際情勢

国際情勢とは、分かりやすい例では戦争やテロなどです。

国の中でテロが多発するなどの危険な状況になると、世界中の観光客は旅行先にその国をまず選びません。他の国から観光客が来ないことには国が儲かりません。

その上、国がそのような状況にあれば国内の企業も設備投資などでお金を使うことも手控えるため大きなお金が消費されない状況にあると言えます。

更にもしも戦争にでもなれば、その国の経済は壊滅的な被害を被ることになります。

戦争は極端ですが、国際情勢は為替を変動させる大きな要因の1つです。

ちなみに日本円は安全通貨と呼ばれており、2017年に北朝鮮とアメリカの戦争が勃発するのでは?などの懸念があった時は円が大きく買われて円高方向に動きました。

 

④為替介入

相場が一方向に必要以上に大きく変動した時には、為替介入が考えられます。

為替介入は頻繁にあるようなものではありませんが、日本で言う日本銀行の立場の人が市場に参入し、為替を操作することを言います。

日本は自動車などの輸出企業が多い国です。
そのため極端な円高ドル安が進み過ぎるとそれらの企業が海外事業で利益を稼ぐことが出来なくなります。

1ドル80円の円高と、1ドル120円の円安では海外事業で同じ金額を稼いでも日本円に両替した時の利益の大きさが全く違います。

そのため極端な円高は日本の経済に大きな影響を及ぼすため、為替がどうにもならないような一方方向で推移してしまった時は為替介入があります。

日本では直近だと2004年、2010年の9月、2011年の10月に極端な円高になったことで為替介入が行われています。

日銀の1日1兆円規模の為替介入が実施されたことで、これまでの円高トレンドは終わり、一気に3円ほど急激な円安方向に動きました。

 

極端に円高に動いた時は世界の機関投資家が「円買いドル売り」のポジションで参入してきているケースが多いです。

円買いドル売りがどんどん連鎖的に積み上げられることで、極端な円高が進んだというわけです。

莫大な資金を市場に入れることで、それらの機関投資家のポジションをポジションを解消出来たことが為替介入の目的でもあります。

為替介入はよほど大きな被害などが発生しない限りそうそうないのですが、急激な為替変動があり自国の経済や産業に大きな影響が出ると考えられた時に行われる禁じ手のようなものです。

 

⑤投機筋の動き

テクニカル的な為替の変動要因とも言われます。

FXを行う投機家は世界中に多く存在します。それらの投機家たちはチャートを見ながらトレードしています。

FXで儲けている投資家は、チャートを使用して今後の為替の先行きを判断するテクニカル分析を行っています。

そのチャートには今後の為替の値動きの転換点になるポイントが存在します。その価格帯を突き抜けたことで為替相場が大きくきっかけになることが度々あります。

価格の転換点を抜ければ上にも下にも大きく動くことを覚えておきましょう。

 

チャートには、専門的な様々なチャートパターンというものが存在します。

過去の経験則がパターン化されており「このチャート形状になったら次は上昇する可能性が高い。もしくは下落する確率が高い。」といったようなものです。

チャートのパターン分析は人間心理なども反映されているため、為替をトレードする投資家達の心理から今後の値動きを分析したりもします。

分析方法にはメジャーなものから、独自の手法のようなものまで様々存在しております。

 

⑥要人発言

為替に影響を及ぼすほどの影響力のある人物の発言です。

特にアメリカのFRBの議長などのような中心人物が発言した時などに大きな影響が出ることがあります。

今の国の状況や今後の景気の見通しなどについてスピーチされる内容次第で多くの投資家が思惑的な行動から今後を先読みして我こそは先にと売買を行います。

 

 

 

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-FX

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.