投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

基礎ワード

「ストップ高」と「ストップ安」とは⁉【株式投資の基礎知識解説編】

更新日:

Sponsored Link

ストップ高とストップ安とは

株価が1日の中で制限されている変動値幅の限界まで買われることを「ストップ高」変動値幅の限界まで売られることを「ストップ安」と言います。

ストップ高は買いたくても買えない状態、ストップ安は売りたくても売れない状態のことを言います。

このような株価の値動きは、値動きが活発な中小型株に多くみられて各企業の良いニュースや悪いニュースが発表された時に買い注文もしくは売り注文が殺到することで見られる動きです。

1日の制限されている変動値幅での中では売りたいと考える投資家がおらず、どういった価格でもいいから買いたいと考える投資家がいるといった需給関係が買いが優勢になっていることが分かります。ストップ安はこの逆の需給関係です。

 

Sponsored Link

1日の変動幅一覧

株価には1日の中での変動値幅の上限が決められています。

その銘柄の価格帯ごとに変動幅が異なっており、株価の低い低位株であるほど1日の中での変動率が大きいことが分かります。

 

株価 値幅制限 変動率目安
1円以上~100未満 30円 3000%~30.3%
100円以上~200円未満 50円 50%~25.1%
200円以上~500円未満 80円 40%~16%
500円以上~700円未満 100円 20%~14.3%
700円以上~1000円未満 150円 21.4%~15%
1000円以上~1500円未満 300円 30%~20%
1500円以上~2000円未満 400円 25%~16.7%
2000円以上~3000円未満 500円 23.3%~14%
3000円以上~5000円未満 700円 20%~14.3%
5000円以上~7000円未満 1000円 20%~14.3%
7000円以上~1万円未満 1500円 21.4%~15%
1万円以上~1万5千円以上 3000円 30%~20%
1万5千円以上~2万円未満 4000円 26.7%~20%
2万円以上~3万円未満 5000円 25%~16.7%
3万円以上~5万円未満 7000円 23.3%~14%
5万円以上~7万円未満 1万円 20%~14.3%
7万円以上~10万円未満 1万5千円 21.4%~15%
10万円以上~15万円未満 3万円 30%~20%
15万円以上~20万円未満 4万円 26.7%~20%
20万円以上~30万円未満 5万円 25%~16.7%
30万円以上~50万円未満 7万円 23.3%~14%
50万円以上~70万円未満 10万円 20%~14.3%
70万円以上~100万円未満 15万円 21.4%~15%

※1株100万円以上も各金額ごとに値幅制限が決められているのですが、100株単位での購入に切り替わりつつある現在は値嵩株の「9983ファーストリテイリング」でも41000円、「6861キーエンス」でも65000円です。(2018年3月現在)

10万円以上の銘柄がほとんど存在しないため、1株100万円未満の一覧で終えています。

 

値幅制限の拡大

1日の中での株価の変動値幅は、上記の一覧の中で制限されています。

ですがストップ高もしくはストップ安の値幅制限の限界での値動きが3日連続で続いた場合は、上記の値幅制限が2倍に拡大されます。

値幅拡大の条件

①3日連続でストップ高もしくはストップ安が続いた場合

②3日連続で取引時間中に出来高がない場合(大引けは除く)

 

 

比例配分性

売買が取引時間中に成立しなかった時は「比例配分」となります。

この比例配分とは東証などの取引所が各証券会社に株の割り当てが行われて一部の投資家の注文が約定することを言います。

 

ストップ高の場合でいうと、売り注文よりも買い注文の方が圧倒的に多く出ている状態が取引時間中は続いています。

買い注文が圧倒しており、取引時間中に売買が成立しなかった時は取引終了後に証券取引所が各証券会社に株を割り振られる措置が取られます。

すると大量の買い注文の中の一部の買い注文が約定します。これが「比例配分」というものです。

 

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-基礎ワード

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.