投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

会社分析

交差比率の計算式と使い方を解説!小売業の目安は?

更新日:

交差比率とは?

「交差比率ってなに?」の画像

「交差比率」をご存知ですか?

交差比率とは小売業の業界でよく使われる指標で、企業が儲かり具合を判断する時に使います。

今回の記事では交差比率について解説します。

交差比率とは?簡単に説明!

小売業の業界は仕入れた在庫が

「どれくらいの利益率で売れた?」
「何回転分の在庫が売れた?」

かと言う2つの点が非常に重要です。

商品1個の利益率が低ければ「安く仕入れる」、もしくは「高く売る」ことで利益率を上げる必要があります。

仕入れた在庫の売れ行きが悪ければ「更に安く仕入れて、安く販売する」、もしくは「商品の選定を変更し、違う商品を入れる」などの対策が必要です。

このように2つの角度から企業の業績を分析することで、業績アップや業績改善に必要な対策を考える材料になります。

交差比率の計算式は?

「交差比率の計算式は?」の画像

交差比率の計算式はこちらです。

【交差比率の計算式】
交差比率=在庫回転数(率)×粗利益率

交差比率は「在庫回転率」と「粗利益率」を掛けて計算します。

では「在庫回転率」と「粗利益率」とは何なのでしょうか?

交差比率の計算式を更に細分化しました。

【交差比率の計算式】
交差比率=(商品売上高÷商品在庫高)×(商品粗利益÷商品売上高)

赤マーカー ➡ 在庫回転率

青マーカー ➡ 粗利益率

交差比率をもっと深く理解するために「在庫回転率」と「粗利益率」について解説します。

Sponsored Link

交差比率は在庫回転率と粗利益率から計算!

在庫回転率について

「チェック」の画像

在庫回転率とは?

在庫回転率とは、一定期間内に仕入れた在庫が何回転したかを表す指標です。

仕入れた在庫は出来る限り早く売れる方がが好ましく、在庫保有リスクを下げることが出来るので在庫回転率は高い方が良しとされます。

在庫回転率の計算式は?

在庫回転数(率)=商品売上高÷商品在庫高

商品の売上高に対して、商品の在庫高を割って計算します。

仕入在庫が1年間に何回転したかを判断することが出来る指標です。

在庫回転率は業種によって基準値が異なるため、企業が属する業種平均の粗利益率と比較しましょう。

粗利益率について

「チェック」の画像

粗利益率とは?

粗利益率とは、販売した商品が仕入れ価格に対して、何%分の利益を上乗せして販売できているかを判断する指標です。

1個の商品が売れることでたくさん利益を得ている企業は粗利益率が高く儲かっている企業です。

高く売れるということは付加価値のある商品を販売しているため、価格競争に巻き込まれにくい特長があります。

粗利益率の計算式は?

粗利益=商品粗利益×商品売上高

商品で得た利益に対して、商品の売上高を割って計算します。

仕入価格に対して何%分の利益を乗せて販売したかを判断出来る指標です。

粗利益率は業種によって基準値が異なるため、企業が属する業種平均の粗利益率と比較しましょう。

交差比率の見方、考え方は?

「交差比率の見方は?」の画像

交差比率の計算式を見れば分かるように、交差比率を高めるには「在庫回転率」と「粗利益率」の両方、もしくはいずれかをより高いものにする必要があります。

「交差比率が高い=良い企業」といった単純な判断ではなく、在庫回転率・粗利益率まで詳しく調べれば業種・企業の特長まで分析することが出来ます。

在庫回転率、粗利益率の両方が高い企業は非常に魅力的ですが、これら両方を高めることはかなりハードルが高く業種によっても特長・傾向が出ます。

薄利多売の業種

「薄利多売」の企業は在庫回転率が高く、粗利益率が低い特長があります。

商品が数多く売れるものの商品1個からの利益は小さく、数をたくさん売ることで儲けている業種です。

仕入れ価格が売上に大きく影響するため、粗利益率は高くなりににくい傾向にあります。

(例)100円ショップ、ガソリンスタンドなど

多利少売の業種

「多利少売」の企業は在庫回転率が悪いものの、粗利益率が高い特長があります。

売れる商品の数は薄利多売の業種に比べて少ないものの、1個の商品からの利益が大きいため儲けることが出来る業種です。

安売りではなく商品に付加価値を付けて、独自のオリジナル性を魅力に売り出している企業が多いです。

価格競争に巻き込まれにくいため強みのある企業ですが、小売業の中ではあまりこのような企業は多くありません。

(例)appleなど

交差比率の目安は?

では交差比率は優秀な企業を判断する基準はあるのでしょうか?

交差比率は高いに越したことありませんが、「交差比率が高い=優秀な企業」という単純な判断はできません。

しかも小売業の中でも業種によって交差比率の基準値は大きく違います。

交差比率が高い企業でも「粗利益率がめちゃくちゃ低いけど、在庫回転率がかなり高い企業」を例に考えます。

この企業はもし原材料が値上がりすれば赤字になる、もしくは価格値上げで商品が売れなくなるリスクがあります。

そのため「交差比率が高い=良い企業」と判断を下すことは危険です。

交差比率の業界の基準値は?

交差比率は分析する企業が属する業種の基準値と比較する必要があります。

同業種間の企業と比較して交差比率の値が高く業績好調ならライバル企業と比べても何か強みを持っている企業だと判断できます。

交差比率の業界ごとの基準値を以下の表にまとめました。

業界 粗利益率 商品回転率 交差比率
スーパー 23% 40回 920%
家電 37% 12回 444%
20% 17回 340%
スポーツ 30% 9回 270%
34% 5回 170%
書籍 20% 8回 160%
カメラ 16% 4回 64%
Sponsored Link

まとめ

以上、交差比率の解説でした。

小売業の企業を分析するには交差比率を同業種間で比較することは非常に重要です。

「業績好調の企業=良い企業」と単純に判断するのではなく交差比率、粗利益率、在庫回転率の値まで比較しましょう。

表面上の数字のみだと企業に対して間違った評価を下し兼ねません。

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-会社分析

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.