投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

株式投資

「陽線/陰線別出来高」で株価の需給関係より値動きを読み解く方法‼

更新日:

Sponsored Link

出来高分析の重要性

「出来高の重要性は?」のひよこの画像

この記事では出来高の重要性正しい使用方法について紹介します。

「出来高」とは全ての証券会社で使用できるメジャーなテクニカル指標ですが、出来高の本当の使い方とその重要性を正しく理解している方は少ないように感じます。

出来高の分析方法を知り、正確に使いこなすことが出来れば市場参加者の売り買いの需給関係の変化を読み解くことが可能になり、先見性のあるチャート分析で株価の先行きを予測することが可能になります。

出来高の正しい使い方をマスターすれば安値(=底値)で買い、高値(=天井)で売るということも十分可能です。

ちなみに数多くあるテクニカル指標の中で筆者が最も重要視しているのは出来高です。

中でもGMOクリック証券で無料で提供されている「陽線/陰線別出来高」一目で株価の値動きの強弱を読み取ることが出来るので非常におススメです。

陽線=赤色の出来高

陰線=青色の出来高

で表示されます。

詳しくは下記で順に述べるのですが株価の上昇時(陽線)に出来高は増加している方が好ましいです。

上昇時とは反対に株価の下落時に出来高が減少しており、この2つのサインがチャート上から読み取れると今後長い上昇トレンドを形成する可能性が高いと判断出来ます。

テクニカル指標は他にもMACDやRSIなども使用しますが、これらの指標が買いや売りの売買シグナルを出していたとしても出来高分析で売買の判断を下せなければ株を購入することは絶対にありません。

そのくらい筆者は出来高を重要視しています。

 

Sponsored Link

なぜ出来高を重要視するのか?

そもそも株価の値動きが上昇トレンドを形成するのか、下落トレンドを形成するのかは市場参加者の需給関係次第です。

いくら企業の業績が好調で、キャッシュも潤沢に保有しており、今後の業績の伸びに期待が出来る銘柄でも買い注文よりも売り注文の数が多い状況であれば株価は上昇することなく下落基調で推移します。

反対に業績は赤字でも将来的な業績の成長と拡大期待を感じた投資家がその企業の株を先回りして購入したいと考えるのであれば買い注文の量が優勢になり株価は上昇します。

株価の上昇下落は需給関係次第なので「買い需要」と「売り需要」の強弱の関係を分析することが重要です。

「好業績」、「成長性◎」、「株価は割安水準(低PER)」であっても「買い需要<売り需要」であれば株価は上昇しません。

好業績、成長性、割安感の3点セットでお宝銘柄のように見えても数年間株価は横ばいで推移しており、最近になってやっと上昇し始めたかと思えばあっという間に株価が2倍、3倍と上昇するケースは特にそうです。

このようなケースは企業に大きな変化が起きたというよりも、何かしらの理由からこの銘柄を購入する投資家が増加したことで「買い需要>売り需要」へと市場参加者の需給関係が好転し、株価の上昇要因になったと言えます。

株価上昇が始まった最初の頃はニュースになっていないような一部の投資家しか知らないような隠れた情報が株価の上昇要因になっている可能性もありますが、そのような情報をわたしたちが知ることは出来ません。

その上、ニュースにもならない情報であればその材料の本当の意味を把握し「買いの判断」を下すことは難しいと言えます。

そのため売買の判断を下すためにはやはり需給関係の分析を行うことが最適であり、その手段として「出来高分析」を実施することが最適なのです。

株式投資で利益を上げるには今後の業績の推移や成長性等のファンダメンタルに関する分析力も非常に重要ではありますが、それ以上に市場の需給関係の変化を敏感に読み解くことが重要だと考えています。

 

好業績&高成長を続ける企業の株価は上昇する可能性が高いです。
ですがファンダメンタル(企業の業績など)が好調という理由だけでは、いつ買っていつ売るのがベストなのかは検討が付きません。

将来的に株価が上昇するにしてもそれが半年後かもしれませんし、3年後5年後かもしれません。

株価は企業のファンダメンタルを先に織り込むため、企業業績の好調さが事実になって株を買い、成長が止まったことが分かってから株を売っていては投資行動としては非常に判断が遅く、稼ぐことはまず出来ません。

 

株式投資で利益を上げるには、売買のタイミング分析が非常に重要です。

専業投資家ケロ
出来高は売買のタイミングをはかる最強のテクニカル指標なんだ!

株式投資で効率的に利益を稼ぐためには株価の上昇が始まる直前、もしくは上昇トレンドの初動に購入する必要があります。

このタイミングの分析も出来高分析を使った市場の需給関係の日々の変化を感じ取れば十分に可能であり、数あるテクニカル指標の中でも出来高を使用することが最良の手段であると考えています。

 

出来高分析の基礎知識

株価チャートの画像

①買い手と売り手の需給関係を出来高の変化で判断

株価の上昇、下落は市場参加者の買い注文と売り注文の優劣で株価が上昇するのか下落するのかが決まります。

買い需要>売り需要株価上昇

買い需要<売り需要株価下落

いくら好業績の銘柄でも多くの投資家から買い注文を集めることが出来なければ株価は上昇しません。

そのため株式市場で利益を出すためには市場を主観的に判断するのではなく、客観的な立場から多くの投資家達の需給の変化をいち早く敏感に読み取ることが重要になってきます。

出来高を使えば「需給関係の変化」を判断することが可能になります。
まず出来高の基本的な見方として、株価の変動に対して出来高の増減を照らし合わせて分析します。

「出来高=株価の値動きの力強さ」だと考えて、株価チャートをみれば非常に分かりやすいです。

 

上昇トレンドの出来高分析

株価が真の上昇トレンド形成していると判断するためには

・株価が上昇している時に出来高が増加
→買い手が優勢と判断

・株価が下落している時に出来高が減少
→銘柄の大口保有者は売っておらず、一時的な押し目で株価上昇はまだ続くと判断できる。

といったシグナルが出来高に出ている必要があります。

このシグナルがチャート内で発見できると「買い需要>売り需要」と買い手が優勢な市場環境のため、株価は上昇しやすくそのトレンドも長く続く良好な需給関係であると言えます。

※白のローソク足=陽線、黒のローソク足=陰線、水色の棒グラフ=出来高で表しています。

 

このチャート内では陽線の時に出来高が増加、陰線の時に出来高が減少していることが分かります。

「株価上昇=出来高増加」、「株価下落=出来高減少」の出来高のサインが確認出来るので、売り需要よりも買い需要の方が優勢であり株価の上昇トレンドはまだ継続するであろうことが出来高から分かります。

株価の上昇への勢いはまだまだ衰えておらず、今は一時的に高値圏での株価もみ合い期間で、この後の更に上昇する可能性が高いという予測が出来ます。

 

下落トレンドの出来高分析

反対に株価が下落しやすい環境というのは株価が上昇している時に出来高が減少、株価が下落している時に出来高が増加している「買い需要<売り需要」で上記とは真逆の売り手が優勢な需給関係で株価は下落しやすい環境だと言えます。

※上記の上昇トレンドの例とローソク足は全く同じものを表示させ、出来高の増減のみ変更しています。

陰線の時に出来高が増加していることが分かります。

株価が上昇した後の高値圏での陰線出現時に出来高の増加が確認できているということは、株価の上昇よりも下落の方が値動きの勢いがあり、「買い注文<売り注文」の需給関係の状況であるということが分かります。

株価上昇で割高感を感じた投資家の売り注文なのか、株価下落を予想する新規のカラ売り注文の売り圧力の出現なのかはまだ分かりません。

ですが陽線よりも陰線の出現時に出来高が増加しているということは、売り需要が多い価格帯に株価が位置しているという判断を下している投資家が多いということが分かります。「買い需要<売り需要」の状況では株価は下落する可能性が高いと判断できます。

 

②値動きの変化率と出来高の増減を比較分析

株価の変化率出来高の増減率は、ある程度は連動している必要があります。

株価が大きく上昇すれば、出来高も比例して大きく増加するといったように、株価と出来高の変化率が連動していなければ正しい値動きだと言えません。

株価は大きく上昇しているにもかかわらず、株価の上昇のわりに出来高は普段とほぼ変わらないといったサインは注意した方が良いシグナルです。

ローソク足と出来高を横に並べてみましたので、ローソク足の長さと出来高の関係を考えましょう。

こちらは株価の変動値幅と出来高の増減が連動していることが分かります。このように価格が大きく上昇すれば、出来高も増加する必要があります。

 

基本的な考え方としては例えば「株価が20円上昇した時の出来高が20」であれば、「100円上昇した時は出来高は100」である必要があります。

「株価が100円上昇しているのに出来高は40」などであれば株価の上昇に対しての出来高の増加が足りません。

このようなケースはたまたま売り注文が少ない日に株価が上昇しただけで、真の買い需要ではないためダマシになり翌日以降に大きく株価が下落する可能性が高いと考えられます。

 

例えば大陽線がチャート内で出現しているのに、出来高は日常の平均とほぼ変わらないもしくは日常以下となるとその上昇は長くは続かずすぐに下落に転じるダマしの値動きになる可能性が高いです。

他にも前場に大きく株価が上昇しても後場に買い手が力尽きて株価が急下落する「行ってこい」の値動きになる、もしくはその後の数日間は株価が上昇してもその後買い手が力尽きたことをきっかけに大きな下落に繋がる可能性といったケースなども考えられます。

 

ダマシに遭遇しない正しい値動き判断するためには、価格の変化と出来高の変化は連動しているチャートを探し出す必要があります。

株価が大きく上昇しているにも関わらず、これまでの価格変化と出来高の増減の関係が上手く連動していない時は株価の上昇は一過性である可能性が高いと懸念しておく方が良いでしょう。

 

大陽線の力強い値動きがチャートで確認できているのに、その後は株価の上昇トレンドが続かないケースやダマシに遭遇することが多く値動きを読み違えてしまうことが多い投資家は出来高分析を取り入れて見るべきだと思います‼

筆者もテクニカル指標の中でも、「出来高の変化を最優先」に考えてチャートを分析するようになってからは勝率が一気に上昇しました‼

これらの①と②を実践するだけでも、チャート上のダマシに引っかかる可能性を低くすることが出来ると思います。

no image
出来高分析でダマシを回避!陽線/陰線別出来高で本当の値動きを分析!

Contents1 「出来高分析」とはどのように行うのか⁉1.1 株価のダマシ対策には出来高分析が最適⁉2 「陽線/陰線別出来高」で株価の分析を行う方法2.1 実際の株価チャートで「陽線/陰線別出来高 ...

続きを見る

 

③株価上昇×出来高急増は買いシグナル

このケースは企業から好業績や好材料の発表などの際に見受けられる出来高がこれまでの出来高の推移に対して何十倍、もしくは何百倍に急増し株価も急騰するケースです。最初に株価が大きく上昇し、その後も上昇が継続するケースです。

こちらは「8698マネックスグループ」の日足チャートです。

マネックスグループがコインチェックの買収するという報道が流れたことで、この時は市場参加者が好材料と判断したため株価は急激に買われて大きく上昇しました。出来高も急増していることが分かります。

当時のコインチェックは仮想通貨NEMの巨額ハッキング被害を受けた後で今後の事業の存続の危機を懸念されていました。

ですが業績は仮想通貨の手数料収入自体は非常に好調で、利益率も高いビジネスモデルを構築しておりました。

そのコインチェックを買収すると報道されたことで今後のマネックスグループの業績の伸びを期待した投資家の買い注文を受け株価は急騰したケースです。

こちらの「8698マネックスグループ」の日足チャートから出来高の急増は、今後の株価の先高感を表していることが分かります。

好材料の発表で株価が大きく上昇した後、大きく下落することなく出来高も初日と同じ水準もしくはそれ以上をキープ出来るようなら株価は長期的な上昇トレンドに突入した可能性が高いと考えられます。

 

このニュースが報道される前は1日当たりおおよそ200万株前後の出来高で推移していました。

報道後の翌日は6500万株(32倍の出来高の急増)、翌々日は1億4400万株(72倍の出来高の急増)、その後の特に多い日では2億3500万株(117倍の出来高の増加)とこれまでの出来高と比較して急増継続+増加傾向で出来高が推移しています。

株価が大きく下落することなく、出来高も日を追うごとに増加傾向もしくは高水準をキープしている時は株価は上昇し続けるケースが過去にも非常に多く見受けられます。
このようなケースは株価が2倍、3倍、それ以上と短期間に急上昇するケースのため口座資金を大きく増やすためにも是非ともチャンスをものにしたいケースです。

 

出来高の増減は前日の出来高に対して何万株以上増加したから多い、もしくは少ないという判断ではなく日々の増減の変化率から判断します。

銘柄A 5/1 1万株 5/2 5万株 4万株増加=変化率 500%
銘柄B 5/1 100万株 5/2 120万株 20万株増加=変化率 20%

上記の例の銘柄Aと銘柄Bのケースでは1日当たりの出来高の増加量で言えば銘柄Bの方が多いですが、出来高の変化率では銘柄Aが圧倒的に大きくなっています。

これまでの出来高の推移に対して、出来高が急増した時がどれだけ変化しているのかを変化率で判断します。

株価のトレンド分析の判断は出来高増加のサインで買いの判断を下して、上昇トレンドの終了サインも株価下落時の出来高の増加サインで判断します。

投資の判断は、買い注文も売り注文も出来高で判断を下すことが最も先見性のある判断であると言えます。

 

 

陽線/陰線別出来高で株価分析を実践‼

出来高分析を行う際におススメのチャートソフトがこの記事の最初にも紹介したGMOクリック証券の「陽線/陰線別の出来高」です。

このテクニカル指標はシンプルな構造で、陽線と陰線で出来高の色を切り替えて表示してくれるテクニカルチャートです。

 

ローソク足が陽線→赤色の出来高

ローソク足が陰線→青色の出来高

※出来高の色を自身の好みの色に変更することも可能です。

筆者は陽線の日は赤い出来高グラフ陰線の日は青い出来高グラフでローソク足毎に出来高を色分けして表示させています。

出来高分析は、株価の上昇下落に対して出来高が増加したか減少したかを照らし合わせて市場参加者の買い需要と売り需要を分析します。

通常の1色のみの出来高よりも、色分けがされていることで値動きの強弱を一目でチャートを見て判断することが可能です。

この株価チャートの出来高を見ると、赤色の出来高の日(ローソク足は陽線)は出来高が多くて、青色の出来高の日(陰線)は出来高は少ないことが分かります。

株価の上昇を予測する投資家なら出来高を見て青色の出来高よりも赤色の出来高の方が多く表示されているチャートほど株価の上昇する勢いが強いチャートであるということが判断できます。

この陽線/陰線別出来高を使用すれば株価の値動きが強いか弱いかは、出来高を見れば一瞬で判断が下すことが可能なので、毎日何十~100以上の銘柄をチェックする筆者は非常に重宝しています。

 

 

「陽線/陰線別出来高」GMOクリック証券で無料で使用することが出来ます。売買手数料も業界最低水準で設定されているため、非常にお勧めな証券口座です。

 GMOクリック証券は様々な分析ツールが無料で使えるので、口座作成しておくことをお勧めしています。口座作成ももちろん無料です!

 

「陽線/陰線別出来高」を使って実際に株価分析を実施

先ほどの株価チャートを使用して実際に分析を行ってみましょう。
今回は上昇トレンドで利益を取りたいと考えている投資家のケースです。

この株価チャートを見た最初に注意すべきポイントは株価の上昇時に出来高が増えているかと、下落時に出来高が減少しているか(=売り圧力が買い需要に対して弱く推移していること。)どうかの確認です。

 

確認ポイント①

上記のチャート内の「確認ポイント①」では株価が大きく上昇しています。この株価の上昇の際に出来高も一緒に急増していることに注目です。

株価の上昇値幅と出来高の増加が連動していることを確認することが出来高で分析する際に非常に重要です‼

株価が大きく上昇する時に出来高の増加も伴って変化していないと、ダマしの値動きに引っかかってしまう可能性が高くなります。

出来高の増加は、値動きに対して信頼の裏付けなので株価が大きく上昇している場面で出来高も大きく増加していることは正しいシグナルです。

 

株価調整の期間に注目

チャート内の確認ポイント②までの株価の調整期間の値動きと出来高の変化を確認しましょう。

①~③の株価が調整もしくは下落している局面では、しっかりと出来高が減少しています。

下落の局面で出来高が減少しているサインは、株価が下落する圧力が弱く利益確定による一過性の株価下落であり、メイントレンドは上昇が引き続き継続していることを表しています。

①の小さな陰線2つの意味は、前のローソク足が陽線で株価が上昇するも、本格的な売り手は2日連続で現れず売り圧力が無いことを確認できたため翌日に出来高を伴った大陽線で株価が上昇しています。

その後の②、③と株価下落のタイミングでは株価が上昇してきた反動から下落はしていますが、下落日の出来高は減少のサインが表れているため全く問題ありません。

正しい株価の調整期間として判断することが出来るため、株価の上昇トレンドは引き続き継続していると判断でき、順調な推移であるということが分かります。

 

もしもこれらの株価の調整局面での出来高の増加を伴った下落が確認されていれば、需給関係の悪化の可能性が浮上してきます。

特に大幅上昇日の出来高を上回る、もしくは同等の出来高を伴った陰線を形成した日が出現すれば株価トレンドが終了する可能で胃が非常に高くなるため最大の注意が必要になります。

 

株価が大きく上昇した時に形成した高値を上値抵抗線として、横ばいで推移が続きますが短期的な株価の調整期間で、この期間出来高としても正しい値動きなので心配ありません。

 

株価の大幅上昇から、高値でのもみ合い中段もみ合いの期間のチャートはお手本のような「株価上昇×出来高増加」と「株価下落×出来高減少」のサインが奇麗に表れています。

このように値動きと出来高の増減が正しい組み合わせがなされている期間中の株価は堅調であることが多く今後も上値を切り上げて更新してゆき、長期的に奇麗な上昇トレンドを描くことが多いです。

 

確認ポイント②

※同じチャートを再度貼り付けています。

この期間中の陰線日の出来高が確認ポイント①の株価が大幅上昇した大陽線の日の出来高を上回って下落していないことが非常に重要なポイントです。

上記のチャートのように株価調整期間中に出来高が減少していることが確認出来れば、次の上昇に向けた正しい株価調整の期間と判断出来ます。

ですが出来高を伴って下落するようなら株価調整に失敗してトレンドが崩壊する可能性が浮上してきます。

この株価チャートでは一時的に移動平均線を割れて推移する場面はありますが、出来高を伴った下落ではないので下方向への値動きは力弱く、メイントレンドは上方向であることが分かります。

その後の確認ポイント②では株価が大きく上昇しています。
これまでは上値抵抗線として株価の上昇を妨げていた価格帯を大陽線で、かつ出来高の急増のサインを伴って株価が急上昇して上値を更新していることが分かります。

大陽線で株価が上昇したタイミングで、出来高も大きく増加して株価の値動きと出来高の増減が奇麗にリンクしていることに注目です。

 

 

 

「陽線/陰線別出来高」のまとめ

出来高分析は株価分析の基本でありながら、あらゆるテクニカル指標の中で最も有力な分析ツールです。

値動きの強弱をチャートを表示させて一瞬で判断出来ます。
コツさえ掴めばほんの2~3秒で銘柄の判断が下せるため、本業で働きつつ株式投資を行う個人投資家には時間短縮という点でも非常におススメです。

 

GMOクリック証券の取引口座開設↓こちらで無料で作れます!

証券口座はいくつも作ることが可能ですし、各証券会社ごとに得意とするサービスの特長が異なります。

それぞれの証券会社のサービスの良いとこどりをして、情報を仕入れることで有利な立場から投資を行うことがおススメです!

 

今、FX口座のキャッシュバック特典が激熱です!
普段の取引を行うだけで最大100万円以上のキャッシュバック特典を行っているFX口座もあるのでご覧ください↓

 

 

 

【参考書籍】

筆者が出来高分析を学ぶ際に何度も読み返した本です。

 

これらの本には出来高の基本的な分析方法や値動きの状況に応じた対応方法などの出来高の正しい使用方法について詳しく述べられています。

出来高に関する知識を取り入れることで同じチャートを見ても読み取れる情報量が全く違うと感じるほど内容の濃い書籍です。

実際のチャートの例を使用してシチュエーションに応じて解説を交えながら書かれているので実践に生かせる知識を得ることが出来ます。

出来高分析に特化して書かれている書籍になるので、更に詳しく知りたい方はこちらを読んで頂くことをお勧めします。

 

記事の文中でも紹介しましたが筆者が出来高の基本的な使い方や様々なケースに応じた判断出来る思考を身に付ける際に読んだ投資本です。

この記事で書かれていることは出来高分析のひとつかみでしかないので更に詳しく知りたいと感じられた方はこちらの投資本を参考にしていただければと思います。

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-株式投資

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.