投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

株式投資

【投資初心者必見】投資は余剰資金で!と言われる本当の理由とは⁉

更新日:

株取引は余剰資金で行う

 

タイトルの通り、投資を行う際は今後使う予定のないお金を使うことをお勧めします。

理由は単純で、今後必要なお金で株を買うと損失になった時のことを考えてしまい精神的に余裕がなくなり正しい投資判断が出来なくなります。

 

例えば1年後に向けて貯めておいた必要な子供の学校の入学資金を株式投資にまわすといったようなケースです。

この時は投資で増やす前提で考えているので元本割れなど頭の中にありません。

株式投資を始めた時は強気の考えを持っていますが、実際に株式の売買を行うと初心者が簡単に利益を出すことは出来ません。

最初は損切りの連続です。株を買っても自身の想像していた通りに株価が動くことはそうそうなく、含み損の方向に株価が動くと精神状態は悪化します。

含み損の額が大きくなれば、脳で冷静に判断することが出来なくなります。

その理由として投資家としてまだ未熟であるということもありますが、何より1年後に必要なお金を投資に使っている状況なので何が何でも減らすわけにはいきません。

そのため少しでもマイナスの方向に株価が動くとかなり焦ってしまいます。

株価の下落は一時的で、この後に大きく上昇して利益が出そうだなと判断するようなケースでも、この時の頭の中は「今の株価下落がこの後、更に大きく下落して損失を更に拡大させてしまうのでは。。。」などとマイナスの方向に考えち終います。

すると売らなくていい所で売ってしまったりします。

「絶対に失うわけにはいけないお金」を使って投資を行っているため、その恐怖心が勝ってしまい間違った判断を下してしまいます。

 

 

これはよくあるケースです。株式投資に限ったことではなく、人間は焦ったりして冷静な判断を下せないとミスを犯す確率が非常に高くなります。

ただでさえ株式投資を始めたばかりで他の市場参加者に比べて知識が劣る状況で不利なのに心理状態ですらも圧迫され冷静な判断を下せない状態では非常に不利な状況であることが分かります。

 

「投資は余剰資金で行うべき」です。

 

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-株式投資

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.