投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

会社分析

投資先企業の安全性を調べる財務指標「流動比率」とは?

更新日:

流動比率

流動比率とは

流動負債に対して流動資産をどれだけ保有しているかを知らべる財務指標です。

1年以内に支払わなければならない負債(=流動負債)に対して、1年以内に現金化できる資産(=流動資産)がどの程度あるかを表しています。ここ1年間で企業の資金繰りがどれだけの余裕が有るかを判断できます。

 

流動比率が高いほど、企業の短期的な支払い能力も高いと判断することが出来ます。

 

流動資産と流動負債の説明

単語の頭に「流動」とつくものは、期間が1年以内に絞られます。

 

流動資産とは、1年以内に「現金化」が可能な資産のことです。

【例】現金、預金、有価証券、商品、原材料、売掛金、受取手形など

 

動負債とは、1年以内に返済しなければならない負債のことです。

【例】買掛金、支払手形、短期借入金など

 

 

 

流動比率の計算式

流動比率(%)=流動資産÷流動負債×100

 

流動比率の数値が高いほど、企業のここ1年間の資金繰りに余裕が有ることを表しています。

 

流動比率をもっと詳しく

理想企業 160%前後~200%以上

企業平均 120前後~140%前後

要注意企業 100%以下

 

【例1】流動比率200%の企業

流動資産1000万円の企業が500万円の短期借入をおこなっていると、流動比率200%になります。

借金に対して、手元の資産が2倍ある状態なのでこの企業の財務的な面は健全であると言えます。

 

 

【例2】流動比率50%の企業

流動資産1000万円の企業が2000万円の短期借入をおこなっていると、流動比率は50%になります。

手元の資金に対して借金が1000万円多くある状態なので、今後1年以内に差額の1000万円を準備できないと借金の返済が滞ってしまい倒産に追い込まれます。

 

これらは分かりやすいように極端な数値で計算しましたが、実際の企業に当てはめて計算する時も基本的な考え方は同じです。

他の財務指標などと同様に、企業の業種によっても高くなりやすい業種と低くなりやすい業種があります。流動比率の平均値で比較することが大事です。

 

中には流動比率が多少低くても問題のない業態もあります。

例えば、お客さんからは現金での支払いを受けることが多い企業で、在庫を抱える必要のない会社なら流動比率が多少低くても問題ありません。

 

流動比率の注意点

流動比率の数値は高い企業でも、その流動資産の中身まで見て判断することが大事です。

流動資産が大きくてもその中身のあり方次第で、意味合いが大きく違ってくるからです。

 

例をいくつか出して考えてみましょう。

【例1】余分な在庫が多い企業のケース

流動比率は高くても、流動資産の中身が現金や預金は少なく在庫の比率が高い企業の場合です。

例えば必要以上の在庫を仕入れてしまい過剰在庫になっている企業のケースです。仕入れた在庫が売れずに倉庫内で長く保管されていると、経年劣化していることが多々あります。劣化していない場合でも、仕入れからしばらくたちモデルの古い型落ち品になると新モデルに比べて価格を下げて売らないといけないので会社の利益を押下げる原因になります。

劣化や破損しており売り物に出来ない場合は、そのまま処分するしかない場合も考えられます。

帳簿上は1000万円分の在庫として記入されていても、在庫を実際に処分もしくは売り切った後に500万円分の利益しか生み出さなかったというケースになることも考えられます。

 

 

【例2】未回収のままの売掛金が多いケース

取引先に商品を既に納品済みで売掛金として資産に計上はされているが、取引先からの支払いが行われていないケース。帳簿上の受け取る予定のお金が一向に回収できておらず、取引先からお金が回収できていない状態です。

売り上げた利益を回収できなければ、その利益を使った設備投資に進むことも出来ませんし、銀行への返済も滞ってしまう可能性すらあります。

流動比率が高くても、資産の中身を見てこのような未回収の売掛金が多く存在する企業は要注意です。

最悪の場合は、売り上げを架空計上して大きく見せようとしている粉飾決算を行っている企業の可能性もあります。

 

これらは貸借対照表を見るだけでは、確実な判断を下せるものではありませんが企業の財務分析をすることで疑いを持って会社を見ることはできます。

 

「流動比率が高い=支払い能力が高くて財務的に安全な企業」と単純に判断しないようにしましょう。

このように流動資産の中身次第では、表向きは流動比率が高くて安全そうに見えても実際は中身が伴っていない資産、もしくは実際の資産価値は既に目減りしてしまっているケースが考えられます。

 

 

 

専業投資家ケロ
まだまだたくさんの分析指標があるよ!興味があれば一緒に見ていってね‼

投資先企業の安全性を調べる財務指標!

1.「流動比率」とは?

2.「当座比率」とは?

3.「現預金月商倍率」とは?

4.「自己資本比率」とは?

5.「財務レバレッジ」とは?

6.「固定比率」とは?

7.「固定長期適合率」とは?

8.「有利子負債月商倍率」とは?

9.「ICR(インタレストカバレッジレシオ)」とは?

10.「売上債権回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
無理な企業経営をしていないかを判断するための指標だな‼

株価の割高・割安を判断する指標!

1.企業が稼ぐ各利益の特長

2.「PER(株価収益率)」とは?

3.「PBR(株価純資産倍率)」とは?

4.「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」とは?

投資初心者ペンペン
株価の買われ過ぎ、売られ過ぎを利益や資産の面から判断する指標だ‼「PER」は有名だな、俺でも知ってるぞ。

企業が利益を稼ぐ効率性を調べる指標!

1.「ROE(自己資本利益率)」とは?

2.「ROA(純資産利益率)」とは?

3.「総資産回転率」とは?

4.「在庫回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
企業の資本などをいかに効率的に使って、利益を稼ぎ出しているかを判断する指標だ‼

 

専業投資家ケロ
これらの指標で「安全性」、「割安感」、「成長度」の3つの視点から企業を分析することが大切だよ‼

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-会社分析

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.