投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

株式投資

株の利益の種類を知る「インカムゲイン」と「キャピタルゲインとは⁉

更新日:

専業投資家ケロ
ここでは株でどうやったら利益が出るのか、その仕組みについて勉強するよ!
投資初心者ペンペン
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」ってやつだな。

 

Sponsored Link

インカムゲインとキャピタルゲイン

株式投資から得られる利益は2種類に分かれます。

株の利益には大きく分けると「インカムゲイン」「キャピタルゲイン」の2つに分類されます。

簡単に言うとインカムゲインは配当金などで、キャピタルゲインは株価の値上がりによる利益です。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

「インカムゲイン」とは

インカムゲインとは、主に「配当金」などのことを言います。

 

配当金を出している企業の株を一定期間保有すると、定期的に配当金がもらえます。この配当金がインカムゲインの代表例です。

債権や投資信託からの分配金もインカムゲインです。

 

それではインカムゲインの例を見ていきましょう。

 

 

これは日産自動車の配当金を表しています。右下の権利落ち日になれば1株で53円の配当金が入ります。

予想配当利回りが、「4.7%」なので仮に100万円分投資したらと考えると、4.7万円の配当金が年間2回もらえます。

 

100万円投資して年間で9.4万円の利益です。銀行預金が微々たるものでないに等しいので、さすがは高配当銘柄だけあって魅力的です。

 

これは株価の上昇下落の株価変動を考慮せずに考えています。株価が上がったり下がったりした際に簡単に売ってしまっていては、インカムゲイン狙いの投資とは言えません。

かつ日産自動車のような「優良企業銘柄&株価安定銘柄&高配当銘柄」の三拍子揃った企業はインカムゲイン狙いの投資を行うのであれば株価が安くなったところでまとめて買って長期間保有するスタンスで個人的には良いと思います。

この配当金は1回だけでなく株を保有し続けて、企業が配当をやめない限り入ってきます。

 

「キャピタルゲイン」とは

キャピタルゲインとは、株価が買値よりも上昇することによって得られる値上がり益のことです。

 

例えば株価が1000円の時に買って、1200円で売るという工程で考えます。

これらの取引を100株で行なったと考えると

上昇幅200円×100株=20000円の利益

となります。

 

株価は、企業は業績の成長と共に上昇していきます。

企業の業績が優秀で企業規模が大きくなり、今後も成長していくだろうという投資家達からの期待が高くなれば株価は勢いよく上昇していきます。

 

それではキャピタルゲインの例も見ていきましょう。

こちらは東証1部上場企業の銘柄コード「2930」の「北の達人」という企業の株価チャートです。日足で表示させています。

記事作成日が2018年の3月中旬なのでおよそ1年間の株価の値動きです。

こちらも日産自動車の例と同様に1年前に100万円投資していたらと考えましょう。

1年前の株価は50円です。そして記事作成段階での株価は753円。昨年の12月の高値圏では1000円を超えていることもありました。

 

仮に50円で買って、1000円で売れていたと考えると株価が20倍になっているので、投資資金の100万円も20倍の2000万円になっています。

ただこれは1年間で最も大きな値幅を得られた理想論のようなものなので、実際はここまで上手くいくことは稀です。仮に100円で買って1000円で売っていれば10倍ですし、200円で買っていても1000円で売れば5倍になります。

個人の投資テクニックによっても投資結果が全く異なってくるのがキャピタルゲインの良い所でもあり、悪い所でもあります。

ただ遅れて株価が200円の時に株を買っていも1年間の利益で考えたら100万円が500万円になっているわけなんで充分すぎるものがあります。

 

Sponsored Link

まとめ

このインカムゲインとキャピタルゲインは両方とも大事です。どちらを選ぶのが正解というものでもありません。

 

でも私個人の考え方としては、資金規模の小さな最初のうちからインカムゲインを狙って投資するのは少し違うような気がします。

配当金は得られるのでキャピタルゲインに比べると小さいものの利益は安定的に出ます。ただ利益を出す目的で株式投資を行うのであればもっと大きな利益を狙いに行くべきと考えています。

もちろん投資スタイルは人それぞれで、投資を行う目的や目標も様々なので自分のスタイルを決めている人に口出すするつもりはありません。

 

私の考え方であり自身の投資スタイルでもあるのは、キャピタルゲインで口座資金を大きくして、充分に大きくなった口座の余剰資金でインカムゲインの投資対象に資金を投入するといったスタイルです。

これが長い目で考えた時に最も効率的に資金を増やしていくことが出来ます。

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-株式投資

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.