投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

テクニカル分析

チャート分析の超重要ポイント「ネックライン」でトレンド分析を見切る‼

更新日:

ネックラインとは

ネックラインとは株価のトレンドの転換点になる場所であることが多いです。

株価のトレンドが上昇基調なのか下落基調なのかはまだ不明確な段階でも、この「ネックライン」を株価が越えてくるとその方向へのトレンドの転換はほぼ確実なものとなります。

 

 

ネックラインは上値抵抗線、下値支持線でもある

チャートの中には株価の値動きを止めている価格帯が常に存在します。その価格帯というのは、株価の「ネックライン」でありながら株価にとっての「支持線」もしくは「抵抗線」であるケースが多いです。

 

上昇トレンドでは直近の下値支持線、下落トレンドでは直近の上値抵抗線に注目しましょう。そこが短期的に見た場合のネックラインである可能性があります。

 

上記のチャートのように株価がネックラインを上から下へ突破すると、これまで下値支持線であった価格帯が上値抵抗線としての価格帯に切り替わっていることが分かります。

 

今までは株価の下支えしていた価格帯も1度切り下げてしまえば、今度は株価の上昇を押さえつける価格帯へと変化します。

それらの詳しい理由はこちらで述べております。

 

そのため株価が1度切り下げてしまえば、上値抵抗線の存在が出来てしまった上に、この段階で既に株価のトレンドは下落基調に切り替わっているため、価格を切り上げて再度元の価格帯に戻るのは相当難しいということが考えられます。

 

つまりネックラインは株価のトレンドの転換が起こる重要な価格帯でありながら、損切りを判断するべき価格帯でもあることが分かります。

 

このネックラインと「酒田五法」のチャートパターンを組み合わせて使うことでより確実に株価の変化を予測することが可能です。

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-テクニカル分析

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.