投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

会社分析

株価の割高・割安を判断する指標「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」とは?

更新日:

「PCFR」とは

PCFRとは「株価キャッシュフロー倍率」といいます。

企業の株価が「1株当たりの営業キャッシュフロー」の何倍に当たるかを見るための指標です。

「営業キャッシュフロー」とは

企業の本業の企業活動から稼いだ利益のことを表す。営業キャッシュフローの数値が高いほど事業が好調であることが分かり、順調に利益が稼げていることを表している。

指標の種類はPERと似てる部分がありますが、計算式に使用している利益の種類が異なるためその点をしっかりと把握した上で使用しましょう。

 

Sponsored Link

「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」の計算式

①PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

=株価÷1株当たりの営業キャッシュフロー

 

②1株当たりの営業キャッシュフロー

=営業キャッシュフロー÷発行済み株式数

 

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は、PERやPBRと同様に数値が低い企業ほど株価が割安で、数値が大きい企業ほど株価が割高だということが判断できます。

企業が本業で稼ぎ出す営業キャッシュフローと株価をもとに計算を行われているため、考え方としては非常にシンプルです。

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)と株価

【営業キャッシュフローに変動が無いと仮定したPCFRの変化】

  PCFR(株価キャッシュフロー倍率)
株価 上昇すれば ↑ PCFR上昇
株価 下落すれば ↓ PCFR下落

→日々の株価変動で上昇もしくは下落したことでPCFRが上下に変動します。

株価が上昇すればPCFRも上昇し割高になります、反対に株価が下落すればPCFRも下落し、株価は割安になります。

決算発表や業績予想の変更などの営業キャッシュフローの上下の変化は無しで仮定してます。

【株価に変動が無いと仮定したPCFRの変化】

  PCFR(株価キャッシュフロー倍率)
営業CFが増加すれば ↓ PCFR下落
営業CFが減少すれば ↑ PCFR上昇

→決算発表など元々の企業の予想業績に対して異なる決算業績を発表して株価が変動するケース。(増益決算や減益決算など。)

企業が増収増益の決算を発表すると企業の営業キャッシュフローの数値も増益で推移しているケースが考えられます。

すると企業の営業キャッシュフローが想定よりも増加していたことから、PCFRの数値が訂正され下落し株価の割安感が高まります。

当初の予想以上の利益を企業が稼ぎ出していることが分かると株価は急激に買われ上昇ことが考えられます。

減益決算などの想定よりも営業キャッシュフローが減少していた時は真逆の考え方です。

 

「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」の特長

企業の株価の評価に関しては、PCFRのみで判断出来るものではありません。

PCFRは企業が稼ぎ出す営業キャッシュフローと株価を照らし合わせて判断する指標なので、他にも様々な指標を組み合わせて判断を下す必要があります。

PER(株価収益率)は企業の手元に残る最終的な利益(当期純利益)に対して今の株価が割安か割高かを分析する指標です。

株価の割高・割安を判断する指標「PER(株価収益率)」とは?

Contents1 PERとは2 計算式3 PERの目安4 PERを計算してみよう4.1 投資先企業の安全性を調べる財務指標!4.2 株価の割高・割安を判断する指標!4.3 企業が利益を稼ぐ効率性を調 ...

続きを見る

PCFRとPERを使用す際には異なる部分があることを事前に知っておきましょう。

まずPCFRで使われている「営業キャッシュフロー」は本業で稼ぎ出せた利益で実際にキャッシュ化できた利益のみを営業キャッシュフローとしPCFRの計算式に使用しています。

 

次にPER(株価収益率)の計算式では、当期純利益が使用されています。

当期純利益とは本業以外の利益も全て合計し、人件費や材料費、法人税なども差し引いて最終的に手元に残る予定の利益のことを言います。

「手元に残る予定の利益」と書いた理由は、この中には売掛金などの現状未払いで将来に受け取る予定のお金も含まれているからです。

売掛金とは企業間取引で一般的に使われるものでお金の後払いの仕組みです。

企業Aが取引先Bに木材を販売しても、木材の納入と共に金を回収できるのではなくお金は1~3か月程度あとに支払うというような仕組みになっています。

企業Aの業績が絶好調で表向きは増収増益の決算を発表していても、実際は取引先Bから売掛金の回収が順調に進んでいないといった事態も考えられます。

ここが非常に重要なポイントです。

売掛金のようなお金を後で回収する取引方法で取り引きし、実際にはお金が未回収の状態でも利益と考えて株価の割高・割安を評価する指標がPER(株価収益率)です。

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は未回収の利益は利益としてして考えない指標です。

取引先から実際に入金があり、手元にお金が届いた段階でやっと利益として考えて株価を評価する指標します。

最悪の事態は取引先Bから売掛金が回収できないまま、取引先Bが倒産するような事態です。将来的に回収できると予想していても実際は回収不能となると大幅な減益決算を発表せざるを得ない可能性も考えられます。

 

PCFRはキャッシュに出来た利益のみを企業の利益として評価する指標で、PERは将来的に得られる利益をも加えて考える指標であることが分かります。

「PER」と「PCFR」の特長はとして良い所、悪い所はそれぞれあるものの両方とも株価を分析する上では非常に重要な指標であることが分かります。

 

Sponsored Link

まとめ

専業投資家ケロ
まだまだたくさんの分析指標があるよ!興味があれば一緒に見ていってね‼

投資先企業の安全性を調べる財務指標!

1.「流動比率」とは?

2.「当座比率」とは?

3.「現預金月商倍率」とは?

4.「自己資本比率」とは?

5.「財務レバレッジ」とは?

6.「固定比率」とは?

7.「固定長期適合率」とは?

8.「有利子負債月商倍率」とは?

9.「ICR(インタレストカバレッジレシオ)」とは?

10.「売上債権回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
無理な企業経営をしていないかを判断するための指標だな‼

株価の割高・割安を判断する指標!

1.企業が稼ぐ各利益の特長

2.「PER(株価収益率)」とは?

3.「PBR(株価純資産倍率)」とは?

4.「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」とは?

投資初心者ペンペン
株価の買われ過ぎ、売られ過ぎを利益や資産の面から判断する指標だ‼「PER」は有名だな、俺でも知ってるぞ。

企業が利益を稼ぐ効率性を調べる指標!

1.「ROE(自己資本利益率)」とは?

2.「ROA(純資産利益率)」とは?

3.「総資産回転率」とは?

4.「在庫回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
企業の資本などをいかに効率的に使って、利益を稼ぎ出しているかを判断する指標だ‼

 

専業投資家ケロ
これらの指標で「安全性」、「割安感」、「成長度」の3つの視点から企業を分析することが大切だよ‼

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-会社分析

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.