投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

会社分析

投資先企業の安全性を調べる財務指標「現預金月商倍率」とは?

更新日:

現預金月商倍率

現預金月商倍率とは

会社が月商の何か月分のキャッシュを保有しているかを判断する財務指標です。

企業の短期的な安全性をはかる指標として銀行員も現預金月商倍率を使って企業を判断しています。別名「手元流動性比率」とも呼ばれています。

 

なぜこの指標が重要視されているかと言えば、会社を経営していく上で予想外の緊急事態が起こった時に手元資金で対応ができるように、一定の資金を手元に持っておく必要があります。

 

そのいざという場面で必要な資金は企業の売上規模によって様々なので、1か月あたりの企業の売上に対しての手元資金を計算する。

 

 

現預金月商倍率の計算式

現預金月商倍率=(現金+預金+短期有価証券)÷(売上高+月数)

 

 

現預金月商倍率をもっと詳しく

【現預金月商倍率の目安】

大企業  1か月分

中小企業 1.5か月分

 

企業規模によって優良企業と判断される基準が、1か月分で良いのか1.5か月分必要なのか基準が違ってきます。

大きな企業が1か月分で良い理由は、いざという場面に銀行からお金を借りられる資金調達力の高い企業が多いからです。そのため1か月分ほどの手元資金しかなくても問題ありません。

 

現預金月商倍率を使うときの注意点

決算日だけでも手元の現金を潤沢にしておけば、決算書の現預金月商倍率の数値は高く表示されるので銀行に対して借入などの交渉を行うときに有利になります。

このため決算日に向けてその時だけ手元の資金を増やしているような企業も中にはあるようです。

そんなに大きく数値は変化していないでしょうが、現預金月商倍率を作為的に良く見せようとしている企業もいることは知っておくべきでしょう。

 

 

投資初心者ペンペン
企業分析を勉強する時に使った本だ!会社の経営を理解するノウハウが分かりやすく書かれている本ばかりだからオススメだぞ‼

 

 

 

専業投資家ケロ
まだまだたくさんの分析指標があるよ!興味があれば一緒に見ていってね‼

投資先企業の安全性を調べる財務指標!

1.「流動比率」とは?

2.「当座比率」とは?

3.「現預金月商倍率」とは?

4.「自己資本比率」とは?

5.「財務レバレッジ」とは?

6.「固定比率」とは?

7.「固定長期適合率」とは?

8.「有利子負債月商倍率」とは?

9.「ICR(インタレストカバレッジレシオ)」とは?

10.「売上債権回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
無理な企業経営をしていないかを判断するための指標だな‼

株価の割高・割安を判断する指標!

1.企業が稼ぐ各利益の特長

2.「PER(株価収益率)」とは?

3.「PBR(株価純資産倍率)」とは?

4.「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」とは?

投資初心者ペンペン
株価の買われ過ぎ、売られ過ぎを利益や資産の面から判断する指標だ‼「PER」は有名だな、俺でも知ってるぞ。

企業が利益を稼ぐ効率性を調べる指標!

1.「ROE(自己資本利益率)」とは?

2.「ROA(純資産利益率)」とは?

3.「総資産回転率」とは?

4.「在庫回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
企業の資本などをいかに効率的に使って、利益を稼ぎ出しているかを判断する指標だ‼

 

 

専業投資家ケロ
これらの指標で「安全性」、「割安感」、「成長度」の3つの視点から企業を分析することが大切だよ‼
Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-会社分析

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.