投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

未分類

移動平均線でチャートのトレンド分析で利益を得る方法

更新日:

移動平均線とは⁉

移動平均線とは株価チャートの中に引かれている線のことです。

一定期間の株価の平均価格をラインで表しています。

各ローソク足の終値を移動平均線の期間の本数分を計算して、ローソク足が新たに更新される度に移動平均線も更新されてゆきます。

例えば日足チャートの5日移動平均線だと、直近5日間の終値を全て足して5日で割って平均価格を求めます。

翌日になればその日の終値から数えた5日間の平均価格を再度計算し平均価格を更新されていきます。

参考にする移動平均線の期間とは⁉

FXや株式投資に関連するアプリやソフトに最初から入っているデフォルト設定では3本表示されているものが多く、5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線がの3本で使用されているものが最もメジャーです。

ですがそれ以外にも移動平均線でよく使われている期間があり、順に言うと5日、10日、20日、25日、40日、60日、75日、100日、200日といった様々な期間が使用されています。

投資家ごとの投資期間によって、移動平均線の組み合わせも違ってきます。

日足以外にも分足や週足、月足、年足と様々な時間軸で使える万能なテクニカル指標です。

短期の投資家ほど使う移動平均線の期間も短くなりますし、長期の投資になればなるほど期間の長い移動平均線が重要になってきます。

チャートソフトなどに最初から登録されているのは日足チャートなら5日、25日、75日の3本の移動平均線を入れている証券会社が多いです。

自分の投資機関に合わせた期間を使うことが大切。短期、中期、長期と人によって投資期間は違うと思います。

例えば1〜2週間を目安に考えてスイングトレードをする場合なら、関連性の高い移動平均線は10日や20日の移動平均線です。

ただ短い期間の5日線や長い期間の100日線、200日線を全く見ないというわけではありません。

全体の大きな流れはどっちに向かっているのかを、長期間の移動平均線の100日線を使って判断するというのは大切です。

 

Sponsored Link

移動平均線の見方と使い方

 

移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロス

 

 

 

ローソク足は移動平均線に対して反発する

◯日移動平均線の上に株価があれば、直近◯日間に買った投資家は利益が出ている人が多いため、株価も上昇しやすい。

5日移動平均線なら直近の5日間、20日移動平均線なら直近の20日間。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-未分類

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.