投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

会社分析

投資先企業の安全性を調べる指標!「財務レバレッジ」とは?

更新日:

Sponsored Link

財務レバレッジ

「財務レバレッジ」とは⁉

財務レバレッジとは、企業の財務の健全性を見るための指標です。

企業の持つ自己資本の金額に対して、借金をどれくらいしているかを知ることが出来ます。財務レバレッジを知ることによって、企業の事業拡大に対する積極性を知ることが出来ます。

別名「負債比率」、「ギヤリング比率」とも言われています。

一般的に借金をしていない企業の方が優良な企業と見られることが多いようですが、借金をせずに経営している企業はかなりの少数派です。

例えば超優良企業のトヨタ自動車やソフトバンクグループなども借入をした上で経営がなされています。この巨大規模の優良企業でも借金をしているのですから、他の中小企業がお金を借りずに事業への十分な投資をすることは難しいと言えます。

中には借金が0に近いような企業もありますが、自己資金だけでは企業としての成長スピードが遅くなりがちで魅力的な急成長は難しいと言えるでしょう。

 

財務レバレッジの計算式

財務レバレッジ(倍)=総資本÷自己資本

 

財務レバレッジは「2倍」や「3倍」といった「倍率」で表します。

会社の持つ「自己資本」に対して「借入と自己資本を合わせた金額(=総資本)」が何倍になっているのかを表す財務指標です。

 

 

財務レバレッジの目安は⁉

1つの基準として財務レバレッジは2倍以下になるのが健全な企業経営の目安です。

 

例えば財務レバレッジが1倍だと、無借金経営の企業です。

自己資金のみで事業拡大などに必要なお金も全て賄えており、資金繰りの悪化から倒産する可能性は低い会社だと判断できます。

 

財務レバレッジ2倍の企業は自己資金と同じ金額だけのお金を借りていることになります。

自己資本が1億円の企業が、企業規模と同等の1億円の分の借金を借りている状況です。この2倍までなら企業を判断するうえで問題のない数値だとされています。

 

財務レバレッジの高い企業 借金経営

総資本2000万円の企業のケースです。
A社の総資本の内訳は自己資本が500万円、銀行からの借入が1500万円です。

【財務レバレッジの計算式】
総資本 2000万円 ÷ 自己資本 500万円 = 財務レバレッジ 4倍

 

→自己資金額の4倍のお金を銀行から借りている状態です。

財務レバレッジから安全な企業の目安が2倍以下とされていることに対して、借入の金額が自己資本に対してかなり多い借入過多の状態です。

 

財務レバレッジの低い企業 無借金経営

総資本2000万円、自己資金は2000万円。銀行からは全くお金を借りることなく経営されている企業のケースです。

【財務レバレッジの計算式】
総資本2000万円÷自己資本2000万円=財務レバレッジ1倍

→完全に自己資金のみでの企業経営です。財務レバレッジを見る限り、借金返済の滞りが原因で倒産する可能性は低いですが積極的な事業拡大が行えていないと判断することが出来ます。

 

財務レバレッジの重要性

借金をすることは会社を効率的に成長させるためには非常に重要です。

自己資金だけでは企業運営の限界があり、銀行からお金を借りないと企業としての成長が遅くなってしまいます。

その結果、せっかくの儲けのチャンスをライバルに先を越されてしまい企業が成長するチャンスを逃してしまいます。

積極的な企業の成長戦略と取っている企業なのか、それとも企業の拡大や成長よりも安定的な企業運営を優先している企業なのかを判断することが出来ます。

 

財務レバレッジで借金経営の企業を見極める

ただ注意しないといけない企業は、借金の金額が自己資金のわりに大き過ぎる借金まみれの企業です。

 

銀行からの借入をおこない積極的な企業拡大への取り組みは良いのですが、借金額が多く毎月の返済額が企業期のに対して大きすぎると経営リスクが高まります。

企業は1度でも銀行への返済が滞ればすぐに倒産してしまいます。企業の倒産の原因で最も多いのが銀行への返済が滞ってしまうことが理由です。

 

積極的に事業拡大を行う企業姿勢は素晴らしいですが企業の実力や企業規模以上に負債を抱えてしまっている企業は会社の倒産リスクが高くなっている可能性があります。

倒産リスクをひとめで判断することが可能な財務指標が財務レバレッジなので、企業を判断する前に必ず確認しておきましょう。

 

財務レバレッジが高くなる原因と低くなる原因とは⁉

【財務レバレッジが低くなっている原因】

総資本に対して自己資金の金額が大きくなっている」

「借入金返済で借金の金額を減らしている傾向にある」

のどちらかが考えられます。

 

【財務レバレッジが高くなっている原因】

「総資本に対して自己資金の金額が小さくなっている」

「追加の借入で借金の金額を増やした時」

のどちらかが考えられます。

 

財務レバレッジと密接に関連する指標

財務レバレッジの計算式は「財務レバレッジ(倍)= 総資本÷自己資本」でした。

この財務レバレッジの計算式に使う勘定項目と全く同じのものを使って計算する「自己資本比率」という指標があります。

財務レバレッジは「企業の事業への積極性」、自己資本比率は「企業の安全性」を見るための財務指標になります。

 

自己資本比率を簡単に説明】

自己資本比率は会社の安全性や信頼度を示す財務指標です。

自己資本比率の計算式に使う項目は財務レバレッジの時と同じですが、分子と分母が逆になっています。

自己資本比率(%)=自己資本÷総資本

会社のもつ借金と返済義務のない自己資本の割合を計算して、会社の安全性を調べるために使います。

自己資本比率が高いと会社は資金的な余裕があることを示しており安定的な経営が出来ていると判断できるので、倒産する可能性も低いことが分かります。

 

財務レバレッジと自己資本比率は同じ項目を使った計算式であるため

財務レバレッジが高い企業は、自己資本比率が低い企業。

財務レバレッジが低い企業は、自己資本比率が高い企業。

であるということが分かります。

 

自己資本比率だけが高くても事業拡大への積極投資が行えていないと判断され、財務レバレッジが高くても今度は逆にリスクを取り過ぎていると判断されてしまうこともあります。

 

財務レバレッジと自己資本比率の両方を見比べてバランスの良い経営が行われているかを判断するべきでしょう。

財務レバレッジの目安は「2倍」自己資本比率は「40%」を目安として判断されるといいでしょう。

 

Sponsored Link

実際に財務レバレッジと企業を照らし合わせる!

財務レバレッジが高い企業のケース

財務レバレッジが高い企業は、反対に自己資本利率が低い企業です。

一般的に自己資本比率の高い企業は優秀な企業とされ、財務レバレッジが高い企業は借金過多の経営リスクの高い企業だとされていますが一概に言い切ることは出来ないので様々な企業のタイプを見ていきたいと思います。

新興市場銘柄のケース

会社の事業拡大を行おうとしている新興市場に上場する企業に多く見られます。

企業規模は小さな企業が多く、これから成長していく段階の企業なので手元のキャッシュもそれほどありません。

事業を拡大するために銀行からの借入を行い、事業拡大に向けた設備投資を積極的に行っている企業が多いです。

これらの企業は自己資本自体が小さく、銀行から少しお金を借りただけでも財務レバレッジが高くなってしまうことも多いです。

なので大型企業のように「財務レバレッジは2倍以下が正常」などと、そこまで厳しく考える必要はありません。

 

 

ですが新興市場の銘柄に多いのは新規の事業投資や設備投資に資金を集中させ過ぎているケースです。

これらの企業は業績が順調に拡大して利益が伸びているうちは良いのですが、会社が経営が順調に回らなくなり借入の返済が滞ってしまった時が大問題です。

企業規模がまだ小さいこともあり、資金が直ぐにショートしてあっというまに倒産に追い込まれる可能性があります。

中小企業の借入金額が多い企業は特に資金繰りが悪化してからの倒産までのスピードは速いです。

 

巨大な設備投資が必要な業種や企業

製造業などの業種で、大きな設備が必要な業種や企業は財務レバレッジが高くなりがちです。

このような企業は新しい事業を始める時には製造設備や機械などの購入に多額の資金が必要になるので、たとえ老舗の企業でも手元のキャッシュだけで設備投資資金を賄うことは難しいです。

会社の規模が大きければそれ相応の設備が必要になることもあり、銀行からの借入が必要になります。

特に製造業の企業などは必然的に財務レバレッジは高く、自己資本比率は低くなる傾向にあります。

これらの財務指標は業種によっても傾向が出やすいので、同じ業種の同じくらいの規模の企業と比較する必要があります。

 

資金回収が速い企業・安定している企業

会社のメインの事業から毎日のように「現金」という形で回収が可能な企業であれば財務レバレッジが多少高くても問題ありません。

その理由に企業の支払いは、取引のその場で現金で受け取るのではなく「売掛金」という形で後払いにするケースが多いことにあります。

売掛金は〇日までに支払うといった企業間での約束です。取引先の企業によっては予定よりも入金のタイミングが遅れて、なかなかお金が振り込まれないよう事態も考えられます。

なかなかお金を回収できない状況でも、こちらの借金の返済期限は決まった時期にやってきます。

ですが毎日「現金」という形で直接キャッシュを受け取ることが出来るビジネススタイルなら、毎日直ぐに現金が手元に入ってきているため借金の返済が滞る心配も低くなるため問題がないとされています。

 

例えば鉄道などの事業です。電車に乗る時の支払いの大半は、「現金払い」、「電子マネー」もしくは「定期」で電車に乗っています。

「現金」もしくは「電子マネー」での支払いは日常的に利用料の回収が出来ていますし、「定期」で電車に乗っている方も先に支払いを済まされているため企業側はお金を先に受け取っている状態です。

 

他にもガス会社や電力会社なども安定的な利益が見込めます。月によって使用料の多い少ないの違いが少しはあれど人が生活をする上でガスや電気を使わなくなることは考えられないので、こういった安定的に利益が出せる仕組みの業種の自己資本比率は低くても問題ありません。

現金の回収が安定的かつ、日常的に回収できる企業は財務レバレッジが少々高くて、自己資本比率が少々低くても問題ありません。

 

こういった安定した企業の経営が出来ていて極端に利益が落ち込む可能性が低い業種は多少お金を多めに借りても返済が滞る可能性が低いです。

なおかつこれらの企業は設備投資にかかる費用がかなり高額になる業種であるため、財務レバレッジは高い傾向にあります。

 

借金経営の企業

会社の経営が上手くいっていない企業で、財務レバレッジが高い企業です。

事業の不調であまり稼げておらず会社の資金繰りを悪化させ、事業活動が悪循環になっているケースが多いです。

会社の業績を改善策として新たな事業に参入するために借金をして、事業投資を行い会社を立て直そうとしています。

この設備投資が成功して業績がV字回復し、想定通りに会社の業績が回復すればいいのですがあまり上手くいっていない企業が多いです。経営が立て直しつつある企業は財務レバレッジの数値も徐々に正常に戻る方向で推移します。

 

銀行からの借金で新規事業へ投資はしたが、あまり儲けが出ずに業績悪化は進む一方です。業績が改善されそうにない場合は、いずれ借金の返済が滞り手元資金は完全に底をついたのちに倒産します。

 

この倒産する可能性が出てきて来ても、何とか会社を存続させるために借金の返済のために更に借金をしてそのお金を返済に回しているケースもあります。

財務状況が悪化していると銀行もお金を貸してくれないので手元の決算書などの資料の数値を書き換えている場合もあります。これは最悪のケースで、粉飾決算発覚し倒産に追い込まれるといった可能性も考えられます。

事業が100%確実に上手くいくとは限らないので、事業が上手くいっていないのに財務レバレッジは高い数値になっている企業は注意して判断する必要があります。

 

 

財務レバレッジが低い企業のケース

財務レバレッジが低い企業は、反対に自己資本比率が高い企業です。

借金が原因となる倒産のリスクは低いと言えますが、積極的な事業の拡大運営が行えていないため成長スピードは比較的緩やかな企業が多いです。

 

会社の歴史が長い優良企業

昔から長く続いている超優良で成長した大企業には財務レバレッジが低い企業が多いです。

昔からしっかりと利益が出せる仕組みが出来上がっており、こういった企業はため込んでいる利益(手元キャッシュ)がかなり大きなものになっております。

このような潤沢な資金を持つ企業は設備投資をする際も必要なお金が手元に十分にあるため、銀行などから追加でお金を借りる必要がありません。

ただ金融機関との付き合いもあるので銀行からお金を借りてほしいとお願いされたり、気持ち程度の少額のお金を定期的に借りているケースもあります。

 

業種で財務レバレッジが低くなるケース

会社が作られて長い歴史のまだない新興市場などの中小企業でも、あまり大きな設備が必要のない「ネット関連」のビジネスを行っている企業は借入が小さくて済むので借金をする必要がない、もしくは小さくて済んでいるケースです。

例えば先ほどの製造業は「土地」「工場」「機械」「仕入」「人員」などの多くの費用を必要とする事業です。

ですがネットを通じた事業であれば「オフィス」と「パソコン」、「ネット接続の環境」があれば事業を行うことが可能です。

こういった業種の企業は、歴史が浅く利益の積み上げのない企業でも財務レバレッジが低く自己資本比率が高くなる傾向にあります。

 

 

存続の危機が迫っている企業

銀行などの金融機関に借金が出来ないくらい会社の経営が悪化している企業のケースです。

財務レバレッジが必要以上に高い企業は、倒産しかけている可能性もあります。そもそもの借金をしている理由が、事業拡大の資金などの正当な理由ではない場合です。

企業経営の不調などから手元資金が小さくなり、資金繰りの悪化で滞りかけている借金の返済のために借金する、もしくはすでに倒産しかけている会社を苦し紛れの継続策に次々にお金を借りてその場しのぎをしている企業の可能性も考えられます。

 

 

お金を借りるためには会社の経営がしっかりと行われており、財務体質がしっかりしていないと銀行から融資を受ける手続きの段階で断られてしまいます。

これらの企業は既に経営が傾いていて、お金が借りられなくなるレベルまで銀行からの信用も落ちている企業にみられます。

 

 

既に事業を立て直すための資金が手元に無く、その上会社の自己資本も食いつぶしてしまっており、事業に回せるレベルの資金が手元に無い状況です。

自己資本も過去に融資を受けたお金も残り少なくなっており、やや自己資本の比率が高いことで「低財務レバレッジ、高自己資本比率」になっている企業です。

財務レバレッジが低く、自己資本比率が高い企業と言われれば、表向き聞こえは良いですが中身が最悪の内容なので注意が必要です。

 

お金も借りられない財務状況なので、手元の少ない資金を有効に使って会社を立て直すか、倒産に追い込まれるかのどちらかを迫られている状態です。

 

まとめ

企業の借金の健全性を判断する最初の見極めの段階で財務レバレッジを使うようにしましょう。

借金することは悪いことではないですし、事業を拡大をするにあたってむしもするべきものです。その中で企業自己資金に対してどれくらいの借金をしているかが重要です。

あくまで財務レバレッジは自己資本の借金の比率を単純に見ているだけなので、実際にはその中身を見てから判断する必要があります。

全ての企業の貸借対照表を毎回見て「自己資本と借金の比率」を判断するにはかなりの時間を必要とするので、最初の見極めの段階として財務レバレッジで判断するようにしましょう。

 

専業投資家ケロ
まだまだたくさんの分析指標があるよ!興味があれば一緒に見ていってね‼

投資先企業の安全性を調べる財務指標!

1.「流動比率」とは?

2.「当座比率」とは?

3.「現預金月商倍率」とは?

4.「自己資本比率」とは?

5.「財務レバレッジ」とは?

6.「固定比率」とは?

7.「固定長期適合率」とは?

8.「有利子負債月商倍率」とは?

9.「ICR(インタレストカバレッジレシオ)」とは?

10.「売上債権回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
無理な企業経営をしていないかを判断するための指標だな‼

株価の割高・割安を判断する指標!

1.企業が稼ぐ各利益の特長

2.「PER(株価収益率)」とは?

3.「PBR(株価純資産倍率)」とは?

4.「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」とは?

投資初心者ペンペン
株価の買われ過ぎ、売られ過ぎを利益や資産の面から判断する指標だ‼「PER」は有名だな、俺でも知ってるぞ。

企業が利益を稼ぐ効率性を調べる指標!

1.「ROE(自己資本利益率)」とは?

2.「ROA(純資産利益率)」とは?

3.「総資産回転率」とは?

4.「在庫回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
企業の資本などをいかに効率的に使って、利益を稼ぎ出しているかを判断する指標だ‼

 

専業投資家ケロ
これらの指標で「安全性」、「割安感」、「成長度」の3つの視点から企業を分析することが大切だよ‼

 

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-会社分析

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.