投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

投資ダイヤル

資産運用を始める前に読んでおくべき記事

更新日:

普段普通に生活をしている中で培った感覚で売買をすれば必ず損をします。

一般投資家の80%以上が負け越している理由はこれが最も多いです。直感や何となくで売買してしまっている。

まず最初に証券口座の作成をしましょう。

ただ最初から売買を行うのではなく、口座を作成してスマホのアプリでチャートを見てみましょう。

証券口座を作らなくてもウェブページなどて見ていただいても構いません。

チャートのローソク足とは普段の生活の中に無いものですので、とりあえず見てイメージする事が大切です。

ただこの段階では実際の取引はまだするべきではありません。何故なら何の知識もない状態で株を買っても、それが何にも繋がらないからです。

実際に株の取引に対するある程度の知識があれば、自分の取引は正しかったのかもしくは間違っていたのかの何かしらの判断がつきます。

せめて内容こ幅広く書かれている株の入門書を最低1冊、それに2〜3回は読んで欲しいです。

1回読んで頭に入る方はいいですが、入門書と言えど普通の生活の中に全く馴染みのない単語やグラフなどが次から次へと書かれているので読むのが精一杯で全く頭に入ってきません。私は入門書を2日で1回読み切り、1週間のうちに同じ本を4回読んだこともありました。

入門書を読み終えたら、直ぐに売買をしたくなり自分の口座の資金で買える銘柄を探し始めたり、専門家による値上がり銘柄予想の雑誌などを読んでその中から選んで何となく買う人が多くおられます。

ここが間違いの始まりです。

実際に買い注文を出して、問題なく注文が約定し、たまたま少し値上がりしたとこで直ぐに売り注文を出す。

するとやり方を覚えたことを良いことに、これからどんどん売買回数が増えていきます。1度株を売って、買い余力が余ってると直ぐにでも株を買って金を儲けたい欲望にかられます。

ビギナーズラックで株価が値上がりしてある程度の利益を手にしてしまったら最悪です。

自分は株の才能があると思い込んでしまい、自信過剰になります。少しでも情報を得ようとヤフーファイナンスのアナリストの株価予想を毎晩見比べたり、ダイヤモンドザイの勧める銘柄をそのまま買って見たり、チャートをみて素人知識のチャート予測をしてみたりと悪循環に陥っていきます。

そのうち多少負けたとしても「これは練習練習。売買経験を積むことで、そのうちもっと上手くなって儲けて株で生きていくのを目標にしよう。」などと誤った考えに行き着きます。

その頃に信用取引もスタートして口座資金の3倍で取引してたようなものなら最悪です。

ざっと自分なりの素人の辿るであろう道と、自分の経験談を合わせつつざっと書きましたが言いたいのは最初に知識を得られてないままのトレードは全くの無意味だということです。

成功例を何パターンか知った上で

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-投資ダイヤル

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.