【分析】交差比率の計算式と使い方を解説!小売業の目安は?


株式売買をするリスの画像
「交差比率」を解説するよ!
ペンギンの画像
小売業界を分析するには欠かせない指標なんだ!

交差比率とは?

「交差比率ってなに?」の画像

「交差比率」をご存知ですか?

マネックス証券

交差比率とは小売業の業界でよく使われる指標で、企業の儲かり具合を判断する時に使います。

今回の記事では交差比率について解説します。

交差比率とは?簡単に説明!

交差比率とは企業業績を利益と在庫の面から判断する指標です。

小売業では仕入れた在庫が売上に対して、

「どれくらい利益を上乗せして売れた?(利益率)」
「1年間で何回転分の倉庫在庫が売れた?(回転率)」

の2点が重要です。

これらを把握すると次の対策が取れます。

  •  商品の利益率が低い
    商品を「安く仕入れる」or「高く売る」と利益率が改善
  •  商品の回転率が低い
    「商品を安く売る」or「人気商品を仕入れる」

利益率と在庫の回転率は売上に直結するため、業績UPに欠かせない重要な分析指標です。

交差比率の計算式は?

「交差比率の計算式は?」の画像

株式売買をするリスの画像
交差比率の計算式を解説するよ!
【交差比率の計算式】

交差比率=在庫回転数(率)×粗利益率

ペンギンの画像
「在庫回転率」と「粗利益率」ってなんだ!?

「在庫回転率」と「粗利益率」

「チェック」の画像

在庫回転率とは?

在庫回転率とは、仕入在庫が1年間に何回転したかを示す指標です。

  •  在庫回転数(率)の計算式
    売上高÷平均在庫

仕入在庫は早く売れる方が在庫回転率は高くなり、在庫保有リスクも下がります。

粗利益率とは?

粗利益率とは、販売価格が仕入値に対してどれだけ利益が上乗せされたかを示す指標です。

  •  粗利益率
    粗利益÷売上高

「高くても売れる商品=付加価値がある商品」のため、企業として儲かりやすくなります。

株式売買をするリスの画像
在庫回転率も粗利益率も高い方が良いですが、業界の平均値と比較することが大事!

交差比率の見方、考え方は?

「交差比率の見方は?」の画像

「交差比率が高い=良い企業」と単純に判断せず、「在庫回転率」と「粗利益率」の中まで把握することが重要です。

これらの両方、もしくは片方を改善すれば高くなり、値が低い場合はその原因を探ります。

薄利多売の業種

「薄利多売」の企業は1つの商品の利益は小さいですが、数をたくさん売ることで儲けるタイプです。

ペンギンの画像
例えば100円ショップガソリンスタンドだな!

安さを魅力にする企業なので、粗利益率は低くなる傾向にあります。

在庫回転率
粗利益率

多利少売の業種

「多利少売」の企業は在庫回転率は低いですが、1つの商品で多くの利益を稼ぐタイプです。

ペンギンの画像

例えば宝石ショップブランドメーカーだな!

商品に付加価値を付けて、独自性を魅力ににしている企業が多いです。

在庫回転率
粗利益率

交差比率の目安は?

交差比率で企業を判断する基準はありません。

一般的には交差比率は高い方が良いですが、一概に良い企業と判断は出来ません。

100円ショップを例に説明します。

100円ショップは「安さ」で勝負する業界なので粗利益率は低いです。
在庫回転率
粗利益率

そのため在庫回転率を高くし、交差比率を高める傾向にあります。

原材料が高くなると、以下のケースが考えられます。

  •  原価上昇→商品値上げ→販売数減少
  •  原価上昇→価格維持→赤字リスク

今回の100円ショップのケースでは仕入原価の上昇で交差比率が下がり、無理に交差比率を維持すると利益が縮小され赤字になるリスクが考えられます。

交差比率は企業を判断する1つの目安になりますが、中身まで把握することが重要です。

交差比率の業界の基準値は?

交差比率は企業が属する業種の基準値と比較して分析しましょう。

交差比率の各業界の基準値のまとめです。

業界 粗利益率 商品回転率 交差比率
スーパー 23% 40回 920%
家電 37% 12回 444%
20% 17回 340%
スポーツ 30% 9回 270%
34% 5回 170%
書籍 20% 8回 160%
カメラ 16% 4回 64%

同業種間の企業と比べることで交差比率の値の良し悪しが分かり、更に調べを進めることで企業の強みの発見に繋がります。

まとめ

以上、交差比率の解説でした。

小売業の企業を分析するには交差比率を同業種間で比較することは非常に重要です。

「業績好調の企業=良い企業」と単純に判断するのではなく交差比率、粗利益率、在庫回転率の値まで比較しましょう。

表面上の数字のみだと企業に対して間違った評価を下し兼ねません。