投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

基礎ワード

株価の上昇要因、企業のEPS(1株当たり利益)とは⁉

更新日:

Sponsored Link

EPSとは

 

EPS(1株当たりの純利益)は、会社が1年間の中で稼いだ当期純利益を発行済みの株式数で割ったものです。

 

EPSは数値は高いほど効率的に利益が稼げている企業で、小さくなるほど利益を上げる効率が悪く上手く稼げていない会社であるということが分かります。

 

Sponsored Link

計算式

EPS(1株当たりの純利益)

=当期純利益÷発行済み株式数

 

 

使い方

会社が稼ぎ出した利益と発行済み株式数を使った計算式より導きだされている数値です。

 

利益と発行済み株式数を比較する理由としては、企業規模によって同じ1億円の利益でも全く意味が違ってくるからです。

例えば時価総額1000万円の企業が100万円の利益を出した場合と、時価総額1億円の企業が100万円の利益を出した場合では同じ100万円の利益でも意味が全く異なります。

 

 

そのため会社の稼ぎ出す当期純利益が大きくなるか、発行されている株式の数が減るかするとEPSの数値は上昇することが分かります。

 

株式投資を行うにあたって企業の利益水準は株価の分析するに重要な項目です。

 

私はEPSはかなり重要度の高い指標だと考えています。

EPSは他の指標と同様に単年で〇以上あれば良いといったような使い方をするのではなく、これまでの推移で増加傾向であることが確認できる上に伸び率も加速していることが好ましいです。

 

増収増益を毎年繰り返して、株価が上昇し続けるような企業はEPSの推移も毎年増加傾向になっている企業です。

 

 

当期純利益が増加すればEPSも上昇する

発行済みの株式数に変化がなくても、企業の業績が好調で当期純利益が増加すればEPSは上昇j傾向になります。

 

発行済み株式数が減ればEPSは上昇する

企業の当期純利益が変化なくても自社株買いや株式併合を行えば、企業の発行済み株式数が減少するためEPSは上昇します。

 

 

関連のある指標

 

PER(株価純資産倍率)

=株価÷EPS(1株当たり当期純利益)

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-基礎ワード

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.