投資だけで生きていくことを目指す個人投資家のブログ

投資ダイヤル

会社分析

株価の割高・割安を判断する指標「PBR(株価純資産倍率)」とは?

更新日:

Sponsored Link

PBR(株価純資産倍率)

BR(株価純資産倍率)とは⁉

PBRとは、会社の純資産と株価の関係を表す指標。

1株あたりの純資産に対して、株価が何倍まで買われているかを表す指標。純資産は貸借対照表の中の純資産(株主資本)の金額を使って計算する。

株主の権利として、株式会社が解散した時に自分の保有株数に応じて会社の資産を分配してもらう権利があります。その分配する資産は、貸借対照表に書かれている自己資本の金額を元に計算します。

PBRの計算式

PBR(株価純資産倍率)=株価÷BPS(1株あたりの純資産)

BPS(1株あたりの純資産)=純資産÷発行済み株式数

純資産=会社の総資産−負債

 

純資産とは、

株主が最初に会社に出資したお金。そのお金を元に会社が稼いだ利益も追加したもの。

発行済み株式数は、会社の保有株する自己株式は除いて計算する。

PBRは「◯倍」といった言い方をします。例えばPBRを計算してPBRが1.2になれば、PBR1.2倍と言います。

 

PBRの数値の意味

PBRは高ければ高いほど、株価は割高と判断。

PBRは低ければ低いほど、株価は割安と判断。

PBRの基準は「1」を目安に判断します。

PBRが1→この会社に投資している資金が100万であれば、会社が解散しても100万円そのまま戻ってくる。

株価とPBRの関係

株価が上昇すれば、PBRも同様に上がります。逆に株価が下落すればPBRも同様に下がります。

決算発表などで会社の純資産に変化があった時。

純資産の増加→1株あたりの純資産も増加→発表前の株価で考えるとPBRは低下→株価上昇

PBR1倍というのは株価の上昇ストップ、下落ストップの株価目安になりやすい。PBR1倍を基準として、1倍以上なら株価は割高。1倍以下なら株価は割安と判断するため。

上の例のように発表前はPBR1倍だった会社も、決算発表で純資産の増加の情報が発表されてPBRが0.8倍になったとする。会社の解散価値を下回っているため、市場は好感して買い手が増える。株価は上昇に転じPBRが1倍になる価格水準で上昇はストップ。といった値動きで底値や高値のメドに使われることも多い。

ただし「PBRが1.5倍→PBR1倍以上なので株価は割高!これ以上の上昇は期待できない、すぐにでも株価は下落するに違いない!」と判断には判断できません。

「PBRが0.5倍→PBR1倍以下なので株価は割安!この会社の株価は割安なので、将来 絶対に上昇するはずだ!他の投資家は気づいていないに違いない。」

これらは考え方としては間違っていませんが、PBRだけで判断することは出来ません。確かに先にも書いたようにPBRの1倍という水準は1つの基準になりますが、例えば将来的に会社が赤字になって純資産の額が減少すると多くの投資家が予想して業績で明らかになる前に先に売り込まれていると考えられないでしょうか。

株価は業績や景気を先取りして、株価が反応するものです。株価が下落していてPBRが0.5倍以下で、現状の情報の純資産で考えると割安であっても、実際の会社の業績は既に悪化しており株価に先に織り込まれている可能性があります。そして決算発表のタイミングで会社の純資産の数値が最新のものになり、そこで正確に業績の悪化報道と共に純資産の純資産の減少が伝えられたとします。すると今まではPBR0.5倍で割安と見れていた株価も、業績発表で伝えられた減少した純資産で再度PBRを計算してみるとなんと1.2倍だったということが発覚します。株価はそのままでも純資産が減少するとPBRは上昇します。これでは全く割安ではありません。むしろ割高になってしまい株価はどんどん売られてゆきます。株価が更に下がってPBR1倍になった株価水準でやっと下げ止まりました。といったような流れです。

万年赤字経営の企業や将来性がなくどうにか繋いでいるだけの企業出会った場合は要注意です。

会社としては優良企業で何か一過性の理由で一時的に株価が下落したのを理由にPBRが1倍以下になっている場合には、絶好の買いポイントになります。

純資産はこれまでの古い情報を使い、株価は最新のデータを使っています。両方ともが常に最新のもので計算されていればこういったことは起きないのですが、業績発表は3ヶ月に1回のペースでしか行われないので常に少し過去の情報を使うことになります。

PBRが1倍以下という情報だけで安易に判断すると、こういった事態になりかねないので注意しましょう。

 

 

専業投資家ケロ
まだまだたくさんの分析指標があるよ!興味があれば一緒に見ていってね‼

投資先企業の安全性を調べる財務指標!

1.「流動比率」とは?

2.「当座比率」とは?

3.「現預金月商倍率」とは?

4.「自己資本比率」とは?

5.「財務レバレッジ」とは?

6.「固定比率」とは?

7.「固定長期適合率」とは?

8.「有利子負債月商倍率」とは?

9.「ICR(インタレストカバレッジレシオ)」とは?

10.「売上債権回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
無理な企業経営をしていないかを判断するための指標だな‼

株価の割高・割安を判断する指標!

1.企業が稼ぐ各利益の特長

2.「PER(株価収益率)」とは?

3.「PBR(株価純資産倍率)」とは?

4.「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」とは?

投資初心者ペンペン
株価の買われ過ぎ、売られ過ぎを利益や資産の面から判断する指標だ‼「PER」は有名だな、俺でも知ってるぞ。

企業が利益を稼ぐ効率性を調べる指標!

1.「ROE(自己資本利益率)」とは?

2.「ROA(純資産利益率)」とは?

3.「総資産回転率」とは?

4.「在庫回転期間」とは?

投資初心者ペンペン
企業の資本などをいかに効率的に使って、利益を稼ぎ出しているかを判断する指標だ‼

 

専業投資家ケロ
これらの指標で「安全性」、「割安感」、「成長度」の3つの視点から企業を分析することが大切だよ‼

 

Sponsored Link

  • この記事を書いた人

nico

-会社分析

Copyright© 投資ダイヤル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.